前へ
次へ

社員研修を効率的に実施する方法

会社には新人からベテラン社員に至るまで様々な方が一緒に働いており、職制や立場に応じた社員研修を実施してスキルの確保やレベルアップなどを図っています。
従来の社員研修においては、対象となる方を集めて集合教育を実施していましたが、国内に複数の拠点を構えている会社においては、開催日時の調整をはじめ、受講者の移動費負担などもあり効率的な社員研修実施が望まれていました。
最近はテレビ会議システムなどを活用して、研修資料の内容を共有して遠隔地に居ながらにして社員研修を行える様になっています。
またeラーニングの活用も進んで来ていまして、これはパソコン上で座学を受講したり、或いは座学終了後に理解度テストを実施するなどして知識の習得状況を確認できる物です。
eラーニングでは対象者の受講状況や、理解度などのデータをスピーディーに集計する事が可能となっていますので便利です。
この様に研修を効率的に行う取組みが広がっています。

Page Top