前へ
次へ

会社の社員研修は職制により内容が異なります

会社員として働いている方は多く見えますが、これらの方は勤務年数や職制などに応じた社員研修を行います。
これは職制に応じた役割を理解すると共に、必要とされるスキルを身に着けて業務効率のアップなどを図る為です。
例えば入社してから数年以内の若手社員に対しては、ビジネススキル研修を実施します。
これは個人毎のスキルアップを図るもので、例えば事務作業の効率化を図ってゆく為に、エクセルなどのpcスキルを習得したり、或いは仕事を効率的に進められる様に思考能力を鍛える研修が行われます。
そして中堅社員は複数の部下をもちながら業務を進めて行きますので、上司が部下のモチベーションを高めたり、問題解決能力を身につけさせる事を目的としたコーチング研修を実施します。
管理者においては組織を効率的にけん引できる人材となる様に、リーダーシップ研修を行います。
この様に社員研修においては、職制に応じて必要とされるスキルを習得します。

Page Top